医歯薬保健学研究科と医学部は、ベトナムビンタン医科学校と部局間協定を締結しました

平成28年3月21日、本学大学院医歯薬保健学研究科及び医学部とベトナムビンタン医科学校間で部局間協定締結式が行われました。

ビンタン医科学校は、1978年にBinh Thuan Medical Secondary Schoolとして設立された公立のカレッジで、ビンタン省の中心的医療人養成機関です。

ビンタン医科学校で行われた協定締結式には、本学医歯薬保健学研究院の田中純子教授(医学部医学科長)とPHAM VAN CHUONG ビンタン医科学校学長、SON HUY DOビンタン医科学校副学長が出席し、協定を締結しました。また、意見交換が行われ、今後学生、教職員の交流や共同で研究・教育等の連携事業を行っていくことについて、合意しました。

本協定が、今後両機関の学生・教職員交流を通じ、相互の関係をより促進させていきます。


PHAM VAN CHUONG ビンタン医科学校学長(左)、田中純子教授(右)

 【お問い合わせ先】
 広島大学霞地区運営支援部国際室
 電話 082-257-1705(内線6705) FAX 082-257-5278
 E-mail kasumi-kokusai(AT)office.hiroshima-u.ac.jp
 ※(AT)は半角@に置き換えてください。