【研究成果】右心室以外の心臓を構成する細胞へ分化する前駆細胞を発見 ~再生医療の発展に貢献することが期待されます~

広島大学大学院医歯薬保健学研究院の小久保博樹講師は、広島大学医学部MD-PhDコースの学生であった藤井雅行博士、吉栖正生教授ら共に、国立遺伝学研究所 相賀裕美子教授らとの共同研究によって、心臓の流出路、左心室、心房、静脈洞へ、つまり右心室以外の心臓へと寄与する新たな心臓前駆細胞を同定しました。
近年、心臓病は、我が国において、悪性腫瘍に次ぐ第二位の死因となっているため、再生医療の早期実現化が期待されています。
詳細はこちら