白衣着衣式を執り行いました

平成29年3月31日(金)、医学部医学科白衣着衣式を執り行いました。医学科5年次の学生は毎年4月から基本的診療能力を身につける目的で臨床実習を行っており、この白衣着衣式では、これから始まる臨床実習の現場に臨んでいく決意と自覚を確認する誓いの場となっております。

式では、秀医学部長、平川病院長から挨拶があり、その後、学生は医学科の教授から白衣を着衣させてもらうとともに激励の言葉を掛けられました。

白衣着衣の後、学生119人を代表して稲見光浩さんから挨拶があり、最後には田中医学科長からの挨拶を受け、学生全員が新たな決意と自覚を認識して式は終了しました。    

      
 【写真説明】 秀医学部長による挨拶      【写真説明】 平川病院長による挨拶
 

【写真説明】 医学科教授による白衣着衣
 


【写真説明】 白衣着衣風景


【写真説明】 学生119人を代表して挨拶する稲見光浩さん  

 【お問い合わせ先】
広島大学霞地区運営支援部学生支援グループ(医学部担当)
電話 082-257-5049
E-mail kasumi-gaku-m(AT)office.hiroshima-u.ac.jp
※(AT)は半角@に置き換えてください。