無人航空機(ドローン)を活用 血液検体などの搬送技術を開発へ

 広島大学医学部(救急集中治療医学)の貞森拓磨客員准教授と(株)NTTドコモ、モバイルクリエイト(株)、インフォコム(株)、ciDrone(株)が提案した事業が、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の地域ICT振興型研究開発枠に採択され、2017年5月24日(木)記者説明会を開催しました。
 提案事業内容は、緊急時に必要となる血液検体などを無人航空機(ドローン)を活用して、搬送するための研究や技術開発を行うものです。血液検査は、診療に際して必要不可欠な検査です。緊急性の高い疾患では、検査結果判定の遅れが診断の遅れに繋がり、治療介入の遅れ、ひいては死亡率を上昇させている懸念があります。特に、広島県は島嶼部や山間地域が多く、無医地区数が全国2位と医療過疎が課題となっています。
詳細はこちら