【研究成果】「触覚」が小脳に伝わる新たな神経回路をマウスのヒゲから発見 ~小脳の感覚情報処理の機能解明に貢献~

「触覚」は、皮膚の感覚受容器が触圧感覚を受容し、脳に伝達することで発生します。顔面の触圧感覚(触覚)は、まず「三叉神経核」という脳部位に集められます。その後、触覚の主要な情報処理器官である「大脳皮質 体性感覚野」に送られ、様々な触覚に関する信号処理が行われるとされています。触覚信号は大脳皮質以外の脳領域にも送られますが、その機能的役割については多くが不明のままです。
広島大学大学院医歯薬保健学研究科 橋本浩一教授と久保怜香大学院生らの研究グループは、マウスの顔面からの体性感覚信号が、これまで知られていなかった経路を通じて小脳に伝達されていることを見出しました。
詳細はこちら