医学部サッカー部が西日本医科学生総合体育大会で優勝しました

広島大学医学部サッカー部は、2018年8月13日~8月18日に開催された「第70回 西日本医科学生総合体育大会(西医体)」(於:三重県伊勢市/伊勢フットボールヴィレッジ)において優勝しました。
西医体は、西日本のすべての医学部が参加する体育大会で、44の出場校によるトーナメントで5試合を勝ち抜き、見事34年ぶりの優勝という快挙を成し遂げました。
大阪大学との決勝戦では、前半0-0から、後半アディショナルタイムに4年生 福田さんのゴールが決まり、1-0で勝利しました。
今後とも医学部サッカー部の皆さんへの応援をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


主将のコメント
荒牧 修平さん(6年生)
この度、第70回西医体において優勝することができました。広島大学としては、34年ぶりの快挙でした。結果だけを見ると華やかですが、ここに来るまで、本当に長い道のりでした。
 主将になる決断をした時に、まず心に決めたのは、部員を幸せにするということでした。その手段として、結果を出すことを意識しました。一年間、「みんなで」と言い続け、日々の練習も大会もみんなで作り上げました。綺麗事に聞こえるかも知れませんが、これが重要です。後輩たちに、みんなで創り上げることの大切さが伝わっていれば幸せです。
 個人的には、10連覇できる組織にすることが夢でしたので、まだ始まったばかりという感覚もあります。現状に満足することなく、ぜひ10連覇を達成して欲しいです。

【お問い合わせ先】

広島大学霞地区運営支援部学生支援グループ
 電話 082-257-5046
 E-mail kasumi-gaku(AT)office.hiroshima-u.ac.jp
 ※(AT)は半角@に置き換えてください。