第68回広島大学献体者慰霊祭、2019年度御遺骨返還式および感謝状授与式を執り行いました

6月2日に第68回広島大学献体者慰霊祭、2019年度御遺骨返還式および感謝状授与式を広島文化学園HBGホールで執り行いました。

献体者慰霊祭では、越智学長、秀医学部長、加藤歯学部長、柴主席副病院長、粟井大学院医系科学研究科副研究科長、御遺族、教職員および学生ら約700人が参列し、医学、歯学の教育研究のために御献体された115柱の御霊と開校以来御献体された皆様の御霊に対し、1分間の黙とうが捧げられました。続いて、医学部長、主席副病院長、学生代表から追悼の辞の後、参列者全員で献花を行い、御献体いただいた方々への感謝と追悼の意を表しました。

御遺骨返還式および感謝状授与式では、解剖学実習を終えた医学部3年生と歯学部3年生から、御遺族に対して御遺骨の返還と文部科学大臣からの感謝状が授与されました。式の最後には、出席した学生一同から御遺族に対して、「ありがとうございました」と改めて感謝の言葉を申し上げました。

追悼の辞を述べる学生代表

追悼の辞を述べる学生代表

越智学長による代表献花

越智学長による代表献花

             
                                  

感謝の意を表す学生一同

感謝の意を表す学生一同

感謝の辞を述べる秀医学部長

感謝の辞を述べる秀医学部長