医学部長あいさつ

広島大学医学部長
秀 道広

医療人には圧倒的な知識と感性、そして問題を解決する情況対応力が求められる

広島大学医学部では、医師、看護師、助産師、理学療法士、作業療法士など、人の疾病と健康に関わる人を育てます。そのためには、高校時代に学んだ基盤の上に膨大な知識を習得しなくてはなりません。医学部で得られる知識と技能は高度に体系化され、また日進月歩で変化しています。そして卒業により受験資格を得る各国家試験は、国民の期待を担う特別の資格です。しかし、医学はなお未完成の学問であり、臨床現場では様々な患者さんの事情に対応することが求められます。広島大学医学部は、目の前の患者さんに最善の医療を提供するにとどまらず、未来の医学、医療を切り拓く人を育てたいと願っています。そのため豊かな感性を持ち、困難な情況においても最善を尽くすリーダーとして活躍する人となる意欲と潜在力を持つ人が多く集まることを願っています。