教育目標

医学科卒業時の到達目標(ディプロマ・ポリシー)

  1. 医療専門職としての責任感、使命感、倫理観、誠実さ、熱意を備え、患者に共感し思いやりをもっていること。
  2. 人体の正常構造と機能、ヒトの健康を正しく理解し、疾患の病因、経過、診断・治療法について十分な知識をもち、医師として診療にあたるうえで必要な医学的知識基盤を備えていること。
  3. 基本的診察技能を身につけ、必要な情報を適切に聞き出し要約できる問診技能や問題志向型診療録を記載する技能を備えていること。
  4. 自ら問題点をみつけてそれを解決する能力を有すること。また、自身の知識や技能の限界を把握し、生涯にわたって自らの努力で向上し続ける意欲と学習の習慣を身につけていること。
  5. 患者や家族、周囲の医療スタッフと良好な関係を構築できるコミュニケーション能力を備えていること。
  6. 地域社会における健康の保持・増進のために医師の果たすべき社会的役割と責務を正しく理解していること。また、保健医療制度を正しく理解し、地域および行政と連携して地域医療に貢献する能力を有していること。
  7. 医学・医療の発展のために生命科学としての医学研究が重要であることを認識し、研究の計画、実施、結果の解析、発表までの具体的な過程を経験し、そのために必要な手法を修得していること。また、自ら医学の発展に寄与しようとする気概を有していること。
  8. 医学のグローバル化に対応した実践的な英語能力、国際交流能力を有すること。
医学科教育プログラム

医学科教育プログラム

1年次生

4月、霞キャンパスの3学部(医学部・歯学部・薬学部)の学生が主体となって企画する「霞オリエンテーションキャンプ」に参加し、充実した学生生活を送るきっかけを作ります。1年生は主に東千田キャンパスで教養教育を学びます。一部、専門教育として「脳神経医学I」「医療者プロフェッショナリズム」、「コミュニケーション学」などを学ぶことにより、基礎医学の知識や医師の素養を身につけます。「医療行動学」など、医療や研究が行われている最前線の現場に出向いてこれから自分が進む医療人の姿をイメージしてもらう授業もあります。また、夏休みには、歯学部・薬学部と合同で早期体験実習を行い、チーム医療の基礎を学びます。

2年次生

2年生からは、学習の場はすべて霞キャンパスに移り、本格的な医学の勉強が始まり、「人体構造学」、「脳神経医学II」「組織細胞機能学」(生化学1、生化学2、生理学)、「生体反応学」(細菌学、ウイルス学、薬理学、免疫学)などの基礎医学の授業で正常な人体の構造としくみを学びます。また、「人類遺伝学」、「放射線生物学・放射線健康リスク科学」などの科目では、医師として身につけるべき素養・教養を身につけます。病因病態学(病理学)は主として病気の仕組みについて、チュートリアル方式および通常の講義型式を併用しながら学びます。チュートリアルとは、問題を解決する能力と自ら主体的に学ぶ習慣を身につけるための、グループ学習を中心とした新しい授業のスタイルです。

3年次生

2年生までに学んだ正常な体の知識の上に、様々な病気について学びます。臨床医学の講義では、医の倫理、診察の基本から始めて、まずは人体の各臓器におこる病気について、次いで全身に症状が現れる各種疾患について学びます。また、専門の外国人教員による少人数の「医学英語」の授業も行われます。臨床病理学では、チュートリアル方式および通常の講義型式が併用されます。その後3年次の最後には社会医学(法医学、衛生学、公衆衛生学)を学びます。

4年次生

3年生までに基本的な病気の講義は終了し、4年次前期には、学内及び海外を含めた学外の施設でも実施することができる「医学研究実習」を行います。実習の研究成果が上がれば、学会発表や論文執筆もめざします。実習の最後には、全員がポスターを作成し、これを審査員の前で発表する発表会が行われます。症候診断治療学では、患者が症状を訴えて来られたことを想定して、それをどのように診察し、検査を行って診断に至るか、またいかなる診療を行うのかを、チュートリアル方式で学びます。その後、「臨床実習」に備えて「臨床実習入門プログラム」で実践的な診療技能を習得します。この前後には、それまで身につけた基礎・臨床医学の知識や技能・態度をチェックする共用試験(コンピュータで知識を問うCBTと診療技能を見るOSCEからなります)を受けます。これに合格すると大学から白衣とワッペンが授与され、1月からの「臨床実習」が許されます。こうして年明けの1月からはいよいよ臨床実習Iが始まります。

5年次生

臨床実習では、実際の患者さんに対する診療のなかで実習が行われます。臨床実習Iは4年次から始まっていますが、5年次では1年を通じて臨床実習が行われます。3人ないし4人1組ですべての診療科で実習する臨床実習Iが12月一杯で終わると、1月からは希望の診療科を選択しさらに深く実習する臨床実習IIが始まります。臨床実習IIでは、大学病院だけではなく県内の多くの国公私立病院でも実習が行われます。

6年次生

9月末まで臨床実習IIが行われます。この実習の合間には、卒後研修を希望する病院を見学したり、面接を受けたりします。夏前には全国規模で自分の希望する病院と病院の受け入れ枠を調整する「マッチング」が行われます。そして10月に卒業試験が行われ、すべての科目に合格すると卒業できます。卒業の前、毎年2月初旬に国家試験が行われ、6年間の学習の成果をいかんなく発揮することになります。