教育目標

医学科の教育目標

医学科では、卒業までに身につけるべき資質・能力を以下のとおり定めています。

  1. 医療専門職としての責任感、使命感、倫理観、誠実さ、熱意を備え、患者に共感し思いやりをもっていること。
  2. 人体の正常構造と機能、ヒトの健康を正しく理解し、疾患の病因、経過、診断・治療法について十分な知識をもち、医師として診療にあたるうえで必要な医学的知識基盤を備えていること。
  3. 基本的診察技能を身につけ、必要な情報を適切に聞き出し要約できる問診技能や問題志向型診療録を記載する技能を備えていること。
  4. 自ら問題点をみつけてそれを解決する能力を有すること。また、自身の知識と技能の限界を把握し、生涯にわたって自ら向上し続ける意欲と学習の習慣を身につけていること。
  5. 患者や家族、周囲の医療スタップと良好な関係を構築できるコミュニケーション能力を備えていること。
  6. 地域社会における健康の保持・増進のために医師の果たすべき社会的役割と責務を正しく理解していること。また、保健医療制度を正しく理解し、地域および行政と連携して地域医療に貢献する能力を有していること。
  7. 医学・医療の発展のために生命科学としての医学研究が重要であることを認識し、研究の計画、実施、結果の解析、発表までの具体的な過程を経験し、そのために必要な手法を修得していること。また、自ら医学の発展に寄与しようとする気概を有していること。
  8. 医学のグローバル化に対応した実践的な英語能力、国際交流能力を有すること。
― 医学科では、

前期・後期日程による入学選抜試験(一般入試)の他に、推薦入試(ふるさと枠広島県コース、岡山県コース)とAO入試(大学院MD-PhDコースと連携した医学研究者志向コース)を実施しています。 推薦入試では、将来の広島県あるいは岡山県の地域医療を担う人材を求めており、入学後は地域医療現場での実習を含め、広島県や岡山県と連携して人材育成に取り組んでいます。 AO入試(MD-PhDコース)では、将来の医学研究を担う人材を求めており、医学科6年間の教育課程の中途に大学院博士課程を修め、9〜10年をかけて両課程を修了することにより、医学科卒業時には医師国家試験受験資格と医学博士の両者を取得可能となります。 MD-PhDコースで入学した学生には、研究活動を促進するため、医学科在籍中にも、通常コースの学生とは一部異なるカリュキュラムが用意されています。

― 医学科では、

医師としての理想や価値観を確立し、また、プロフェッショナルとして人々の健康を守る使命感・責任感を形成するため、入学後早期から、これら医師としての資質を身につけるための科目が数多く用意されています。この中では、低学年のうちから実際の医療現場に接する実習も行われ、医療の現場を見学・体験することで医師の仕事を理解し、また、看護・検査部門など他の医療スタッフの業務を理解することで、医師としてもつべき心構えと態度を学びます。

― 医学科では、

生涯にわたって自ら向上し続ける医師となるため、自身で何をどれだけ学ぶかを考えながら学習を進められるような、主体的な学習姿勢・学習習慣の確立に力を入れています。一方的な講義は全授業時間の半分程度に留め、残りの時間は知識を応用する演習や小グループによるディスカッションなどを行います。また、低学年のうちからグループワークを多く取り入れ、他者と協働しながら共に考え共に学ぶ姿勢を身につけます。

― 医学科では、

将来、どの専門分野に進んでもその土台となるような幅広い知識と技能を身につけるため、統合的な授業体系を組み、専門分野の概念にとらわれない教育を行っています。また、高学年での臨床実習では、医療チームの一員として責任と役割をもって実際の診療に参加し、その体験の中で学ぶ診療参加型実習を取り入れています。

― 医学科では、

国際性を備えた人材を育成するため、提携を結んだ国外の大学の医学部との国際交流を積極的に行っています。主に5年次の夏季休業期間および学年末休業期間を利用して留学する学生が多く、海外での医学教育を体験するとともに多様な文化や価値観を学び、幅広い視野を持つきっかけにもなっています。