後援会長あいさつ

写真後援会会長trim2mod

広島大学医学部医学科
  後援会長  渡辺 光章

 平成30年から広島大学医学部医学科後援会会長に就任いたしました渡辺です。当会は医学部医学科学生の保護者等で組織し、学生の課外活動や諸行事、医師国家試験対策などに対する支援を行っています。会員の皆様には、日頃から後援会活動にご支援・ご協力をいただき、感謝申し上げます。
 昨今の医学の進歩のスピードはとても速く、学ぶべき医学知識は私が学生であったころと比べて膨大なものとなっています。さらに、国際的な医学教育水準に合わせるため広島大学医学部医学科のカリキュラムも臨床実習の時間が大幅に増加しており、学生は勉学に追われる忙しい生活を送っています。また近年、チーム医療あるいは多職種連携が重要視され、医師は診療チームの中心的役割を担う能力も求められています。医学科の皆さんは学生時代に医学知識や診療技術を学ぶだけでなく、クラブ活動や霞祭などの自治会活動などを通じて多くの友人をつくり、リーダーシップやコミュニケーション能力も身に着けなくてはなりません。医学科の学生の皆さんが心身ともに健康で、充実した学生生活を過ごすことができるようにわれわれ後援会は大学と協調してサポートしていきたいと思います。
 広島大学で学ぶすべての学生の皆さんが、人間性が豊かで道義を重んじ、患者に対して真剣に向き合うことができる医師となってくれることを一人の保護者として、そして後援会長として切に願っています。そして、医学研究の領域、実地医療の現場や医療行政など様々な分野で活躍する、社会に貢献できる素晴らしい人材の育成に後援会としてお手伝いできれば幸いです。
 後援会の活動に積極的に御参画いただき、ご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。