後援会長あいさつ

写真後援会会長trim2mod

 広島大学医学部医学科
    後援会長  真田 諭

 このたび、広島大学医学部医学科後援会会長に就任いたしました真田でございます。会員の皆様には、日頃から後援会活動にご支援ご協力をいただき、感謝申し上げます。
 私自身も広島大学医学部の出身であり、卒業後32年を経て会長として後援会のお手伝いをさせていただくことを光栄に存じます。
 当会は、医学部医学科学生の保護者等で組織し、学生の課外活動や諸行事等に対し援助することを目的に設立されたものです。是非、全員の方のご参加をお願い致します。
 医学部学生の皆様が、常に心身の平和と健康を維持増進し、充実した健全な大学生活を送り、より良い医療人、社会人になれるようサポートできればと思っております。そして、人間性豊かで、道義を重んじる医師として、社会に貢献し、達成感や生きがいを感じていただくことを父親として後援会長として切に願っております。
 謙虚、豪胆、繊細、英断、冷静、真摯、情熱、感謝、挑戦等、状況に応じ色んな自分を発揮し、周囲を魅了する医師になる。すべての人を尊重するが、長いものに巻かれない、強きをくじき弱きを助く強い信念と精神力を持つ。そのような理想を持っております。
 また、私自身の医師のキャリアの中で、発信力、表現力、とりわけコミュニケーション能力が非常に大切だと振り返っています。心があっても伝えられなければ不十分だと感じています。
 広島から素晴らしい人材や医学、医療が生まれることを願って、後援会として手助けできれば幸いでございます。
 今後とも、皆様、積極的に御参画の上ご意見いただき、ご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                   医)凜りしき手 真田整形外科リハビリ科  理事長