学生教育

教育目標を達成するための医学教育の課題

  • 高度な教育内容
  • 臨床教育の充実
  • 社会に貢献する志を持った医師の養成
  • 平和を尊ぶ医療者の養成
  • 地域医療への意識を持った医師の養成
  • 医学の進歩に貢献する医学研究者の養成

医師、医学研究者になるための6年制のコース

1年次

  • 主に東広島キャンパスで総合人間科学の基礎となる
    教養教育科目を学習 霞キャンパスで専門関連科目及び人体構造学など専門教育も開始、進級判定

2年次

  • 霞キャンパス(広島市)で外国語・医学に関連した教育科目と、人体解剖学実習などの基礎医学専門科目を学習、進級判定

3年次

  • 専門教育(臨床医学系統講義診断・治療、病因病態学など)を学習、進級判定

4年次

  • 医学教育モデル・コア・カリキュラムに基づいた、テュートリアル教育
  • 疾病と社会との関わり(社会医学)を学習。臨床実習入門プログラム、臨床実習に必要な知識、技能、態度に関する全国統一の資格試験(実技と知識を問う:OSCE、CBT)を受ける。医学研究実習(4ヶ月)で海外を含めて、医学研究に従事。臨床実習参加資格を得たのち、進級判定

5年次

  • 臨床実習生として全診療科をローテーション

6年間の全科目を修了(卒業)

  • 臨床参加型実習(5-6年生を含めたアドバンスト医学実習、卒業OSCE)、卒業試験すべて合格すれば医師国家試験が受験可能(試験:2月 total 3日間 / 合格3月)⇒合格すれば医籍(国が管理する医師の名簿)登録される

OSCE 客観的臨床能力試験 / CBT 共用試験

osce01osce02cbt01cbt02cbt04

4年生 医学研究実習

4ヶ月の医学研究実習の成果を一人ずつポスター形式で発表し、最優秀の6名を選考する

医学研究実習写真 2jissyu2012_02

5年生 制服貸与式

臨床実習に臨むにあたって
新5年生に対して制服(白衣)の貸与:自覚を持って臨床実習に参加

seihukutaiyo01

国際交流

kokusaikouryu01

学生の短期海外派遣の実際

  • ドイツ、Hannover医科大学(大学間協定校)
    1986年より毎年2名程度派遣 (医学科5年生、約1ヶ月間)
  • ドイツ、Ruhr大学Bochum
    2010年より2~6名(医学科5年生、約1ヶ月間)
  • カナダ、McGill大学医学部
    1997より毎年0~3名(医学科5年生、約1ヶ月間)
  • オーストリア、Graz医科大学
    2008年より毎年3名(医学科5年生、約1ヶ月間)
  • 台湾、台北医学大学
    2011年より2~4名(医学科5年生、約1ヶ月間)

※外部財団等の募集によるもの

  • IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部
    毎年1名程度派遣
  • IPPNW世界大会、または、IPPNW北アジア会議
    国外の場合は、5~10名程度の本学学生が参加
  • 医学教育振興財団主催、英国医科大学(医学部)での臨床実習
    サウサンプトン大学、ニューキャッスルアポンタイン大学、バーミンガム大学、レスター大学(4週間)、ロンドン大学セントジョージ病院医学校など

10万円を限度に医学部学生留学等支援金を受けることができます

広島大学で行っている学生の海外派遣プログラム(全学または複数部局のもの)

海外派遣プログラム(全学または複数部局対象のもの)
プログラム名 対  象 単位設定 募集定員 派遣期間
STARTプログラム
(米国、ベトナム、インドネシア、台湾等)
学部1年生 各24人 2週間程度
国際協力特定プログラム 学部3年生 特になし 10日間程度
English+ALOHAプログラム 学部生・
大学院生
14人 3週間
エクセター大学英語研修プログラム
エクセターアカデミー英語研修プログラム
学部生・
大学院生
25人 1ヶ月程度
夏期中国語・中国文化特別研修(台湾、北京) 学部生・
大学院生
各16人 2週間程度
キョンヒ大学夏季韓国語研修 学部生・
大学院生
12人程度 3週間
ハンブルク大学海外研修 学部生 10人程度 1ヶ月
HUSAショートプログラム
(台湾、中国、韓国、ロシア)
学部生・
大学院生
随時 10日間~
3週間程度
HUSAプログラム(短期交換留学) 学部生・
大学院生
80人程度 1学期または
1年間
修士ダブルディグリープログラム 一部の
研究科大学院生
学位
取得
若干名 1年
G.ecboプログラム(海外インターンシップ) 大学院生 10人程度 1~3ヶ月
A・A海外インターンシップ 学部生・大学院生 10人程度 2週間程度