各種表彰制度

  • 表彰制度について
  • 過去の受彰者

表彰制度について

学生の表彰制度には,学長表彰,副学長表彰,学部長表彰 の3つがあります。
また,各表彰には,それぞれの判断基準があり,下記のとおり制度の概略を次のとおり説明しますが,例年12月中旬ごろ学長等から通知があり,それに基づいて指導教員の方々等から推薦いただくことになります。(平成25年度通知参照)。
ゆえに,詳細はそちらで必ず確認してください。なにか質問等ある場合は,下記問合せ先までお願いします。

【医学部長表彰】
(表彰の基準)
表彰は,次のいずれかに該当する医学部の学生又は学生を構成員とする団体について行う。
(1)学術研究活動において,特に顕著な業績を挙げたと認められる者
(2)課外活動において,特に優秀な成績をおさめ,課外活動の振興に功績があったと認められる者
(3)社会活動において,特に顕著な功績を残し,社会的に高い評価を受けたと認められる者
(4)その他前3号と同等以上の表彰に値する行為等があったと認められる者

(表彰対象者の推薦)
医学部長補佐,各学科長,チューター,指導教員及び課外活動団体の部長である教員は,上記のいずれかに該当すると認めるものがあるときは,医学部長に推薦することができる。

【学長表彰】
(表彰対象者の推薦)
理事(教育担当),副学長(学生支援担当),学部長及び研究科長は,下記表彰基準のいずれかに該当すると認めるものがあるときは,学長に推薦することができる。

(表彰の基準)
(1)学術研究活動に関する表彰について
 ①成績優秀者
  各学部は,各年度において卒業する学生の中から,原則として1名の「成績優秀者」を選定し,推薦するものとする。
 ②その他
  上記の「成績優秀者」とはならなかったが,所属学部の専門領域において国内外の学会で高く評価される研究実施をあげた者については,別途表彰の対象者として推薦することを妨げないものとする。
(2)課外活動に関する表彰について
 ア 体育系
  体育系の課外活動における成績としては,「全国規模の競技会での入賞及びそれに準じる成績」以上の成績を収めた者を表彰候補者として考慮するものとする。
 イ 文化系
  文化系の課外活動における成績としては,「全国規模のコンクール等での高い評価及びそれに準じる評価」以上の評価を得た者を表彰候補者として考慮するものとする。
(3)社会活動に関する表彰について
  ボランティア活動,人命救助,犯罪防止,災害防止等の社会活動で特に顕著な功績があった者を表彰候補者として考慮するものとする。
  なお,国内外の公的機関等による表彰の有無,新聞等による報道の有無は,あくまで参考にとどめ,表彰の絶対的基準とはしないものとする。
(4)その他の活動による表彰について
  その行為が社会的に高く評価され,本学学生の模範となりうる者を表彰候補者として
 考慮するものとする。

【副学長表彰】
(表彰対象者の推薦)
学部長は,下記表彰基準のいずれかに該当すると認めるものがあるときは,課外活動活性化のために「全国規模でない大会等で優秀な成績を得た者」を,副学長に推薦することができる。

(表彰の基準)
(1)体育活動でブロック規模(西日本大会,中国・四国地区大会,中国地区大会)の
 競技会での優勝者
(2)芸術・文化活動でブロック規模(西日本大会,中国・四国地区大会,中国地区大会)
 のコンクール等での最も高い評価を得た者
(3)その他上記と同等以上の表彰に値する行為があったと認められる者