医学科長あいさつ

広島大学医学科長
岡本泰昌

医学を志す皆さんへ

広島大学医学部医学科は,中四国地域の中核都市である広島市内の霞キャンパスに位置し,北には青々しい山々を抱く中国山地,南には多くの美しい島々と瀬戸内海を望みます.昭和20年に開学した広島県立医学専門学校をその起源としており,以降広島県内唯一の医師養成機関として多くの医療人,医学者を養成し,地域のみならずグローバルに医療を支える国際的な人材を育成し,また人類の健康社会に貢献しうる独創的な研究を行う研究者も輩出してきました.
広島大学霞キャンパスは医学部医学科のほか医学部保健学科,薬学部,歯学部を有する総合医療系キャンパスです.その特色を生かし,1年次および5年時には学部や学科を超えた多職種連携教育(IPE: interprofessional education)を行い,他業種の役割や専門性を理解,患者さんを中心とするグループアプローチを学びます.さらに,自から問題点を抽出し,科学的な思考により解決していく能力を育成するため,学習カリキュラムも従来の講義のみではなく同時間の演習を組み込み,小グループによるディスカッションとPBL(Problem-based learning)チュートリアル教育を積極的に導入しています.医学研究マインドを養うことも医学教育における重要課題です.4年時には4か月間学生は各研究室に配属され,基礎研究をおこない医学研究の重要性とその面白さを体験します.この医学研究実習では海外の研究施設を選択することも可能であり,国際的な視点と国際交流の重要性を身をもって体感する良い機会となっています.また,早期に基礎研究を行い学位取得したい学生はMD-PhDコースを選択することができます.MD-PhDコースの学生は4年生までは通常の学士課程教育を受け,入学5年目に大学院に進学し3年から4年間大学院博士課程で研究に専念し博士号取得を目指します.通常は入試の時にこのコースを選択することになりますが,学士過程途中でのコース編入も可能です.
私たち医学部医学科の目標は,医療人にふさわしい倫理観と人間性を備えた人材,高度な医学知識・技術を習得し独創的研究を行い国内外の医学水準の向上に貢献できる人材,地域社会のニーズに応えて必要な能力を提供し地域の保健・医療の向上に貢献できる人材の育成です.これらの教育活動を通じて,医学の発展と医療水準の向上に貢献し,人類の健康・福祉と社会の発展に寄与したいと考えています.